新しい習い事、ダーツはどうでしょう?

 あっという間に4月も後半。せっかくの新年度、これを機になにか新しいことを始めたいという方も多いのではないでしょうか? また、お子さんの習い事について悩まれている親御さんもいらっしゃるかと思います。

 昨今はダンスや体操などが定番の習い事になりつつありますが、習い事の選択肢のひとつにダーツを入れてみるのはいかがでしょうか?

ダーツってどこで教えてもらえるの?

 今回お邪魔したのは、品川区(最寄り:JR大森駅)にあるS.C. Darts Schoolさん。小学生のお子さんもダーツを習うことができる「子どもクラス」があるダーツスクールです。もちろんお子さんだけでなく、大人の生徒さんもたくさん通われています。ダーツを教わってみたい! という方は要チェックです。

ダーツライブスタッフのお子さんがダーツを習ってみた!

藤間健太コーチとはつねちゃん(中学1年生)。

 取材に協力してくれたのは、この春から中学校に入学するはつねちゃん。ダーツライブスタッフのお子さんですが、ダーツはほぼ未経験。さて、子どもクラスの体験レッスンでどこまで上達できるでしょうか? 担当の藤間コーチも気合十分です!

まずはみんなで準備体操

大人も子どもも一緒に準備体操。

 ダーツは誰でも楽しめるスポーツ! 手軽に始められますが、体を痛めては大変です。まずは同じ時間帯に集まった生徒さん全員で準備体操。しっかり体をほぐして、練習スタートです。

ビッグブルで気分をアゲていこう

ダーツの飛ばし方、狙いどころをうまくアシストしてくれる藤間コーチ。

 子どもクラスの練習はビッグブル(※)からスタート。まずは的に矢が刺さること、うまく刺さってブル音が鳴ることで「自分にもできる!」という気分を上げていきます。「矢が的に刺さる」という課題はすぐにクリアできたはつねちゃんでしたが、赤の範囲内に3本すべて入れるのはすこし難しい様子。

ビッグブル

オンラインダーツライブ2に搭載されているゲーム。トリプルラインより内側のダーツ盤面が赤点灯し、50点の加点エリアになります。赤点灯の範囲にダーツが刺さると、ブル音が流れます。

 そこで、投げ方のクセや体の動かし方をよく見て、藤間コーチが丁寧なアドバイスをくれます。だんだんと3本とも赤の範囲に刺さるようになり、ついに・・・

ドヤ!

 ど真ん中のブルに刺さるようになりました。これにははつねちゃんもニッコリ!

 しかもこれがまぐれではなく、この日何度もブルをたたき出していたはつねちゃん。藤間コーチの素晴らしいアシストが見て取れるレッスン内容でした。

 このあとはカウントアップで300点達成にチャレンジしたり、ブルを狙う練習をしたりと、休憩をはさみつつ70分間たっぷりダーツの特訓を行いました。

コミュニケーションも積極的に

緊張しているはつねちゃんに目線を合わせ、たくさん話題を振ってくれる藤間コーチ。

 実はこの日、かなり緊張気味だったはつねちゃん(親御さん談)。藤間コーチのレッスンで特に印象的だったのは、コミュニケーションを大切にしているところでした。

 好きな漫画は? 中学校に入ったらどんな部活に入りたい? など、積極的に話題を振る藤間コーチ。だんだんと緊張がやわらぎ、ダーツを投げる姿勢も集中力が増していくのがわかりました。ダーツをやったことがない人でも、ちょっと緊張気味なときでも、優しく声がけしてくれるコーチが隣にいてくれるのは励みになりますね!

生徒さんと一緒にダーツしてみた!

親子でダーツスクールに通っているせりちゃん(小学5年生)。初対面で一緒にダーツをすることに!

 この日、たまたま同じ時間に小学生の生徒さんがレッスンに訪れていました。せっかくの機会ということで、一緒にダーツをプレイすることに! 初対面でのダーツ対決ですが、お互い緊張しつつも、しっかり挨拶をして試合開始です。

 ダーツ対決のお相手は、親子でダーツスクールに通っているせりちゃん(小学5年生)。はつねちゃんより年下ですが、立ち振る舞いは大人顔負けのダーツプレイヤー!

すっかり真剣勝負に!

 せりちゃんの雰囲気につられるように、はつねちゃんもすっかり真剣モードに。お互いナイスプレイが連発する試合展開に藤間コーチも笑顔でグーサイン。終始白熱するダーツ合戦になりました。

体験レッスンを経て

カウントアップの練習で、ひとり黙々とがんばるはつねちゃん。

 70分の体験レッスンを経て、はつねちゃんと親御さんはどのように感じたのでしょうか? インタビューしてみました。

-ダーツレッスンを受けた感想を訊かせてください!

 (はつねちゃん)集中して疲れたけど、でも楽しかった。真ん中に当たると嬉しかった。ビッグブルよりカウントアップのほうが、真ん中が狭くて狙うのに集中できて楽しかったです。

-習い事としてはいかがでしたか?

 (親御さん)先生がフレンドリーだったのが一番良かったですね。たくさん気を遣ってくれて、話しかけてくれていて、安心して見てられました。子どもがこうやってダーツに触れられて、楽しめる場所があるのはすごく良いと思います。

コーチより一言!

試合後はダーツの前でピース!

 (藤間コーチ)ダーツの的に矢が届かないかなと思って、投げる位置をもう少し前にしようかしばらく様子見をしていたんですが、しっかり投げられていたしとっても上手でした! ブルにも8回くらい入っていましたね。ほんとに上手でした! なによりお子さん自身に楽しんでやってもらいたいですし、「楽しかった!」って言ってもらえるとこちらも嬉しいですね。


 以上、S.C. Darts Schoolさんの子どもクラス体験レッスンのレポートでした。ダーツを習ってみたいという方、お子さんの習い事に悩んでいる方の参考になれば幸いです! 

S.C. Darts Schoolよりお知らせ

 S.C. Darts Schoolでは、大人クラス・子どもクラスともに随時無料体験レッスンを実施しています。また、4月は春の入会キャンペーンも実施中です。各種レッスンの詳細は、S.C. Darts Schoolまで。お電話か24時間受付のWEBからお問合せください。

S.C. Darts School 公式ホームページ

この記事を書いた人

へんしゅうちょう

へんしゅうちょう

編集長に任命され、ありがたく拝命したところ、名刺をよく見たら役職名が「いぶりがっこ編集長」でした。出身地はお察しください。米がうめぇ。