参議院(東京都)の朝日健太郎議員が公認アンバサダーに就任しました

 この度、参議院(東京都選挙区)で国土交通大臣政務官の、朝日健太郎議員にスポーツダーツプロジェクトの公認アンバサダーを務めていただくことになりました。

 朝日議員は、男子バレーボール日本代表選手として活躍後、2002年にビーチバレーへ転向。2008年の北京、2012年のロンドンと、オリンピックに2大会連続で出場しました。2012年に現役引退後、NPO活動や講演、メディア出演等を通じバレーボールの普及や青少年の育成に取り組みました。

 そして2016年に故郷である熊本で起きた地震を契機に、だれもが輝ける社会を実現するため、参議院選挙への立候補を決意。東京都選挙区より出馬し初当選しました。また2020年には、菅新政権の発足に伴い、国土交通大臣政務官に就任しています。

 朝日議員には、年齢・性別・身体の壁を超えることのできる『ビヨンドスポーツ』として、ダーツ普及活動に務めていただきます。

2019年より、当プロジェクトにお力添えをいただいています

 2019年に開催した『スポーツダーツ選手権大会U-22』には、プレゼンターとして登壇。世界中から集まった多くの若者たちが、ダーツという競技で輝いている試合に熱くなり、予定していた試合だけでなく時間ギリギリまでダーツの大会に関心を持ち観戦いただきました。

 その頃から現在にいたるまで、ダーツを普及するにあたり、多くの相談にも応じていただいています。

 今後も朝日議員と共に、生涯スポーツとして多くの方にダーツを楽しんでいただき、地域の皆様の健康寿命を延ばすことによって地域創生を活性化させ、まちを元気にする活動を続けていきます。

プロフィール

1997年:サントリー株式会社バレーボールチーム所属
2008年:北京オリンピックビーチバレー日本代表
2012年:ロンドンオリンピックビーチバレー日本代表
2013年:NPO法人日本ビーチ文化振興協会理事長
2014年:早稲田大学スポーツ科学研究科社会人修士課程修了
2016年:参議院議員1期目当選(第24回通常選挙)
2020年:国土交通大臣政務官(菅内閣)

この記事を書いた人

長嶋監督

長嶋監督

このプロジェクトが本格始動するにあたり、ダイエットをして長かった髪を坊主にした結果、仏の道に進んだのかと勘違いされることが増えました。