『シニアのための健康づくりスポーツイベント』の参加者アンケートを公開!

 以前の活動レポートで紹介した沼津市で開催された『シニアのための健康づくりスポーツイベント』。そのイベントに参加していただいた皆様のアンケートの回答が届きましたので公開させていただきます。生涯スポーツを推進活動を行っていたり、興味がある方のヒントになれば幸いです。

イベント報告

参加人数:28名(男性12名・女性16名)
平均年齢:74.4歳(対象は沼津市内にお住いの60歳以上)
内容:ウォーキングサッカー・健康テニス・スポーツダーツ
場所:沼津市勤労者体育センター(沼津市役所東側)

Q1.イベントに申し込んだきっかけは何ですか?

タイトルが面白そうだったから17
家族・友人に勧められたから6
その他5

 『その他』の理由は、「運動がしたかったから」や、「自宅から歩いてくれるから」など、若い頃のように身体を動かすことはできないけど、それでもまだまだスポーツを楽しみながら健康でいたいと思う気持ちが強いものだと思います。

Q2.イベントに参加してみてどうでしたか?

よかった27
悪かった0
どちらともいえない1

 『よかった』と答えた方の具体的な理由は、「親切に教えていただけてよかった」、「いろいろなスポーツが楽しめたから」、「室内で楽しめるスポーツにもいろいろあることが分かった」など。また『どちらともいえない』と答えた方の理由は「にぎやか」というものでした。

Q3.今回体験したスポーツをまたやってみたいと思いますか?

思う26
思わない0
どちらともいえない2

 『思う』と答えた方の具体的な理由は、「楽しかったから」や「普段動かさない筋肉の運動になったから」など。『どちらともいえない』と答えた方の理由として、「好きになれない」という正直な理由もいただきました。

Q4.その他、ご意見等ありましたらご自由にご記入ください。

  • 時間は沢山あるので、なんでもできることをやってみたい。
  • (2時間では)時間が足りないくらいだった。
  • 市老連(老人クラブ連合会)として今後室内でのゲームを取り入れていきたいです。
  • 初めてシニアのスポーツに参加しましたが、どうも私には残念ですが好きになれませんでした。
  • 指導者のお兄さん達ユーモアがあり楽しさが倍になった。
  • テニスはコートを大きく。サッカーはついていくのに大変。ダーツは練習をすればうまくなる。
  • とても楽しかった、全部が。ダーツは初めてやったがもっと時間があったらよかった。
  • こんなスポーツができる定期的な場があったらよい。

まとめ

 若い頃、何かしらのスポーツをやっていた高齢者の方々は、やはり何歳になってもスポーツをすることが大好きです。しかし身体がついてこないのもまた事実。日本の抱える社会課題として『健康寿命の延伸』は最も重要な課題のひとつです。

 今回のように高齢者の皆様も楽しめる環境、そして誰もが手軽に楽しむことができる生涯スポーツがもっと増えれば、全国の街をもっと元気に、そしてみんなを笑顔にできることでしょう。

 スポーツダーツプロジェクトとしては、そのような街づくりを『ダーツ』で出来るよう、沼津市で地方都市のモデルシティとして実績をつくり、全国に拡散していければなと考えていますので、引き続き応援の程よろしくお願いします。

この記事を書いた人

長嶋監督

長嶋監督

このプロジェクトが本格始動するにあたり、ダイエットをして長かった髪を坊主にした結果、仏の道に進んだのかと勘違いされることが増えました。