ダーツスクール 生徒さんの生の声を紹介します

 業界初の本格的ダーツスクールが2月にオープンして約2カ月。その後の状況が気になっている方も多いと思いますので、今回の活動レポートは、現場のコーチから、リアルな生徒の声をお届けします。


 皆さん、こんにちは。
 S.C.Darts School大森校のコーチをしております、藤間健太です。

 今までに無かったダーツのスクールとはどんな所なのかについては、以前にスポーツダーツプロジェクト様に記事を掲載して頂きましたので、ある程度ご理解いただいたかとは思います。

過去に掲載した体験レポート記事はこちらをご覧ください。

 ですので、今回はどのような方が会員になっているのか、実際に受講してみるとどのように感じるのか、どんな悩みを抱えているのか、スクールの生徒さん4名にご協力を頂いて生の声をまとめました!
 スクールに通う前、そして通ってから、僕からスクール生の方へのアドバイスと最後に開校してから1か月半程が経った今の思いなどをまとめています。

 「スクールに通っても上手くならないのでは」「既に通っている方と仲良くなれるのか」「初めて行くには気が引ける」など、いろいろな思いはあるかと思います。
 ですが、皆さまに少しでもスクールのことを理解して頂き、ダーツを始めてもらいたい、悩みなくダーツを続けて頂きたいと思いますので、是非読んでみてください!

2月11日に開校したダーツスクールの生の声

① Yさん 女性(50代) 東京都大田区在住 / 初級クラス所属

※2月11日入会 ダーツ歴は無し

・入会前
 趣味が無く、友達にダーツを勧められたので始めました。
 スクールを知ったきっかけは、地元・大森で「ダーツスクール」で検索したらこちらのスクールが出てきました。ダーツバーだと1人では行きにくいと思い、女性1人でも行きやすそうなスクールを選びました。

・入会後(レッスンを始めてから)
 スクール内については開放感・清潔感がありました。初めて習った時は、女性コーチのシホタコーチでした。分かりやすい言葉で丁寧に教えてくださいました。わからないことがあると、違う言い回しで教えてくれました。5名のコーチがいて、皆さん雑談もしてくださり、毎回楽しくさせてもらっています!

 初めてダーツをやってみて、とても「むずかしい」と思いました。ですが習っていくうちに、ルールを覚えたり、フォームを少しづつ教えてもらったりして、楽しみながら投げている自分がいました! たまたまでも、ブル(真ん中)に入ると嬉しいです!

 はじめはマイダーツを買うつもりはありませんでした。もし買ったとしても、3~4カ月先だと思っていました。しかし楽しくなり、コーチにどのようなマイダーツを買えばいいか訊き、購入してモチベーションもかなりUPしました!

藤間コーチの指導

 Yさんには、ダーツを楽しく投げられるような声掛けを心掛けました!
 「ダーツを初めてするので、的に届かなかったり、刺さらない事もあるので、ゆっくり教えて行きますね!」と言ったのですが、バシバシ刺さってましたね(笑)。楽しむ心を忘れずに一緒にレッスン頑張って行きましょう!

S.C.Darts Schoolでは、スクール内でダーツを購入することが出来ます。

② 吉岡さん 女性(30代) 埼玉県新座市在住 / 初級クラス在籍

※2月10日入会 ダーツ歴は5年半、レーティング7

・入会前
 よく行くダーツが置いてあるお店に上手な人がたくさんいて、教えてくれます!
 ですが、上手すぎて言っている言葉の意味が分からず、「わからないなー」と思いながらただ投げている状態でした。

・入会後(レッスンを始めてから)
 悩みを聞いてくれて、分かりやすい言葉で伝えてくれるので、どこをどうすれば良いのかがよくわかり、しっかり練習が出来ています。悩みだったダーツへの力の伝え方がどんどん改善されています。

藤間コーチの指導

 吉岡さんは、上に飛ばそうとする意識が強くダーツに力が伝わりにくかったので、前に飛ばす意識を強くする練習をたくさんしてもらっています。

 出来ている時は「出来てますよ!」、出来ていない時は「もう少しこうしましょう!」と声掛けをしています。そうする事によって、生徒さん自身も「今のは出来ている」「今のは違う」等の変化に気付いてもらえるように声掛けを心掛けています。

 分からないことがあればどんどん質問してくださいね!


③ 山本さん 男性(30代) 東京都新宿区在住 / 中級クラス所属

※2月8日入会 ダーツ歴は13年半、レーティング8

・入会前
 飛びが悪くてボードに刺さらないことが悩みで、マイダーツのセッティングを変えてみたりしたのですが、直りませんでした。

・入会後(レッスンを始めてから)
 レッスンに通い始めてから、腕の振り方や手首の使い方を習ってから、少しづつですが飛びに変化が出てきて、しっかりボードに刺さるようになりストレスが大幅に減りました! まだ意識していないと出来ないですが…(笑)。長いダーツ人生で今が1番楽しいです!!

藤間コーチの指導

 山本さんには「手首の使い方の理解をして、その動きを実際に試す」ということを何度も何度も繰り返し練習してもらいました。山本さんの頑張りもあり、ボードにしっかり刺さるようになって来ました!

 ですが、本人もおっしゃっているように意識が薄れると、ダーツが弾かれてしまいますね…(笑)。弾かれることが無くなってきたら、ダーツをコントロールする練習をしていきましょうね!


④ Sさん 男性(40代) 神奈川県横浜市在住 / 初級クラス所属

※2月10日入会 ダーツ歴は1年半、レーティング7~8

・入会前
 どんな練習をしていいのか分からず、ダーツの動画を見ながら練習をしていました。しかしその練習が自分に合っているのか分からないまま投げていました。 

・入会後(レッスンを始めてから)
 個人に合ったアドバイスをもらえて、どんな練習をしたらいいのか分かり、道が開けたような気持ちになれました! また、プロの方と投げられることがうれしくもあり、楽しいです。

藤間コーチの指導

 Sさんは焦っているのか投げるのが早いので、「1つ1つの動作が終わってから投げましょう」とはじめにアドバイスしました。通い始めてから1か月程が経ち、日に日に出来るようになっていて、次のステップに進める日も近いので、諦めずに一緒に頑張って行きましょう!

藤間コーチからの総評

 入会時にはマイダーツを持っていなかった方も、はじめは「むずかしい!」という声ばかりだったのですが、「やったー!」「ブルに入った!」という声も増え、とても楽しんでプレイされています。

 目に見えて変化がある方、少しづつ良くなっている方、新しいやり方を取り入れて未だ戸惑っている方、コーチを倒すくらい上手くなるぞ! とひたすら頑張っている方。上達の速度は人それぞれですが、少しでも皆さまの願いを叶えられるように努力する必要があると痛感しています。

 スクール生の皆さんの頑張りを見ているなかで、自分もコーチとしてより勉強していかなければならないと思うとともに、いち選手としても負けてられないと思い、日々練習を重ねています。

 オープンしてから2か月程が経ち、100名程の会員様に入会して頂いてますが、会員数が増え、スクール生同士のコミュニケーションが取れてきたことや、少しでも練習の成果が出てきたことで、スクール生の笑顔が増えて来たことがコーチとして一番うれしいです!!

 スクール生の皆様とコミュニケーションを取りながら、引き続き楽しくレッスンが出来ればと思っておりますので、よろしくお願いします!

S.C.Darts Schoolからのお知らせ

 S.C.Darts Schoolでは、現在キャンペーン中に付き2021年7月末まで入会初月・2か月目は1か月間通い放題のキャンペーンを実施中です。通い放題となっていますので、この機会に沢山受講して、ダーツのスキルを磨きましょう! 一番多い方で、1日7レッスンをコンプリートした強者の会員様もいらっしゃいます。

※初めて通常会員に入会する方に限ります。
※月の半ばに入会した場合でも入会月を含む2か月間となります。
※3か月目以降通い放題を希望される会員様については、サポーター会員13,200円(全コース一律料金)のコースを用意しております。

 5月からは通常会員のレッスン回数を月4回から8回に改定しましたので、なんと1回辺りの単価1,100円で80分のレッスンが受けられます! より通いやすくなりましたので、週に2回でも週に1回2コマでもご自由に振替ください。定期的に通っていただく事で着実なレベルアップを図りましょう。

※同月内に限り自由に振替が可能です。

 また、7月末までは通常3,300円の入会金も無料となっていますので、この機会に是非、無料体験レッスンを受講してみては如何でしょうか!

▼S.C.Darts School 公式サイトはこちら

5名のコーチ陣が、丁寧に悩みを聞きながら、上達に向けてアドバイスします!

この記事を書いた人

へんしゅうちょう

へんしゅうちょう

編集長に任命され、ありがたく拝命したところ、名刺をよく見たら役職名が「いぶりがっこ編集長」でした。出身地はお察しください。米がうめぇ。