「11.1 ダーツの日 -制定記念スペシャルライブ-」いかがでしたか?

 皆さん、こんにちは!
スポーツダーツプロジェクト公認アンバサダーの星野理絵です!

 話は少しさかのぼりますが、 「11.1 ダーツの日 -制定記念スペシャルライブ-」
皆さん見てくださいましたか?
ああいった形での番組配信は今回が初の試みでしたが、いかがでしたでしょうか?
私はMCを務めさせていただいたわけですが、ド緊張の中スタート(笑)。
はじめは顔もきっとかたかったと思いますが、緊張もどんどんほぐれていって、楽しみながら4時間半あの場所に立たせていただきました。
初っ端からセリフを噛んだりはしましたが、大きなミスもなく(多分)、皆さんのフォローもありなんとか最後までやりきることができました!

 MCをしていないときは、オンラインマッチイベントの会場にもちょこちょこ行ったりしていて、選手たちが投げている後ろをちょこまか動いたり、チラッと映ったりしていたんですが、対戦していた方々は気づいてくれましたかね。

 番組内でもお話ししましたが、坂口優希恵プロと牧野百花プロがオンラインマッチをしている際にも、その場にお邪魔させていただいていました。
実は牧野プロは目が悪くて、何点残っているかが見えずにあたふたしていたので、私が後ろから「何点 対 何点 だよ」って教えてあげたりしながらやっていたんですよ(笑)。

 スペシャルライブの試合も近くで見ていたんですが、普段のプロの試合ともまた違う会場の空気感で、もうそこにいるだけで姿勢がピシッとなりました。
私は試合には出ていませんでしたが、出場した選手たちはきっともっとその空気を感じていたのではないかと思います。
久しぶりの試合で、緊張している選手もいましたが、それ以上にみんな試合を楽しんでいる姿が印象的でした。
私自身も久しぶりに選手のみんなに会えたので、嬉しくてテンション上がりまくりでした。
控え室も和気あいあいとした雰囲気で、みんなリラックスしていましたね。
みんな元気そうでなによりです。

 ダーツライブTVマッチ2020のドリームマッチの試合はもちろん、スポーツダーツプロジェクトのコーナーでの討論会や、LINEで設定できるマル秘ゲーム情報、ダーツプロが皆さんからのご質問にお答えするオンラインレッスン、忍者とダーツプロのニンジャトレーナーアーケード対決・・・と、盛り沢山の内容でお届けした4時間半。
普段はなかなか聞けないような選手たちの話も聞けて、気づけばあっという間に終わってしまった感じでした。

 たくさんの人たちが関わって作り上げられた今回の番組。
プロツアーも中止になって、なかなか選手たちも試合をすることもなかったり、皆さんが選手に会えたり、試合している姿を見る機会もなかった中で、このようなイベントが開催されました。
久しぶりに選手たちの白熱した試合を見て胸が熱くなった人もいたのではないかと思います。

 新型コロナウイルスによって様々な影響があり、それはこの先も続いていきますし、今もなお油断できない状況ではありますが、ダーツを楽しむという気持ちは失ってほしくはないなと私は思っています。
やり方はまだまだあるはず!
自分がダーツをプレイする、プロの試合を観る、好きなプレイヤーを応援する、ダーツについてしゃべる、お店に行って仲間たちと会う…楽しみ方は人それぞれ。
これからもコロナに負けずに、ご自身のペースで楽しむ気持ちを大切にダーツをしていきましょう!

 …と自分に言い聞かせつつ、次回は自分がプレイヤーとして出場するために練習頑張ります(笑)!

 なんて決意を新たにしたとこで今回はこのへんで。
次回もよろしくお願いします。

この記事を書いた人

星野 理絵

星野 理絵

プロダーツプレイヤーとして「SOFT DARTS PROFESSIONAL TOUR JAPAN」に参戦中/スポーツダーツプロジェクト公認アンバサダー/シリアルを何種類か混ぜて食べることに最近ハマっています。