【11/23(月・祝)「駒場祭」】東大ダーツサークルの配信を実施します!

※記事トップ画像およびサムネイル画像は、昨年度の東京大学「駒場祭」の様子です。

 こんにちは! 東京大学ダーツサークル「Burst」幹事長のひらやまです。
 弊サークルのメンバーが持ち回りでコラムを書き、ダーツライブさんに寄稿させていただいているこの企画も、2回目を迎えました。

 さて、来たる11月23日、東京大学「駒場祭」が開催されます。今回は弊サークルが実施する企画についてご案内しようと思います!

今年の東大「駒場祭」について

 「駒場祭」は、毎年11月後半の連休に合わせて行われる東京大学の学園祭のこと。赤門で有名な本郷キャンパスで開催される「五月祭」と並ぶ、東京大学2大イベントの1つです。

 今年は新型コロナウイルスの影響で学園祭自体がオンラインでの開催となり、さまざまなサークルの出店で活気が溢れる駒場キャンパスの姿を見ることはできません。

 しかし、我々はダーツサークル! ボードと244cmの距離さえあればどこでだってできるスポーツ(※)。私も普段から、友達と電話を繋いでダーツをしています。

※ソフトダーツをプレイする際、ダーツの盤面の真ん中(ブル)直下から244cmが投げ位置(スローライン)になります。

 そう、ダーツってオンラインとの親和性が抜群なスポーツなんです。駒場祭がオンラインになろうと、まったく問題なくイベントができます(むしろいつもは牛串売っているだけだから、例年よりダーツサークルっぽいイベントができるはず。これはチャンス)

YouTube Liveで試合や座談会を配信!

 ということで今回の駒場祭は、試合や座談会の様子をYouTube Liveでお届けしようと思います! 今回もダーツライブさんにご協力をいただき、なんとダーツライブさんのオフィスビル内から配信をさせていただきます。知ってる人は結構知っている。実はこちらのオフィスビルには、社員食堂にダーツマシンが置いてあるんです!

現在はこちらにダーツライブ3も設置され、さらに賑やかになっているとのことです。

 普段はあまり見られない、とっておきの社員食堂ですよね。こちらもお楽しみに!

配信内容

 配信内容は、こちらの2本立てになります!

マッチ(試合)
東京大学ダーツサークルBurst(バースト)早稲田大学ダーツサークルArtemis(アルテミス)

②トーク(座談会)
東大生たちが語る!ダーツトーク

①マッチ
・01ゲームとスタンダードクリケットの一般的なレグはもちろん、ワイワイできるパーティーゲームまで、ダーツライブ3を遊び尽くします。
・視聴者の方(初心者から上級者まで)が楽しめるよう、今回は実況と解説をつけてお送りする予定です。

 ダーツは的に矢を投げるだけに見えて、実は奥深いゲームです。ある程度狙ったところに矢が刺さるくらい上手くなってくると、勝つための戦略について考えることが多くなります。

 私もそうでしたが、初めての人がダーツの試合を見ると「なんでこの人、今こんなところに投げたんだろう?」と疑問に思うことが多いはずです。そこにはもちろん意味があって、その意味がわかるとダーツがもっと面白くなります。今回はせっかくなので、初めての人にも奥深さを伝えられるような試合配信をしたいと思っています!

②トーク
試合の合間には、BurstとArtemisの学生たちによるダーツトーク会を開きます。


ダーツサークルって正直どんな雰囲気? ダーツサークルの数、減ってきてない? みんなどこで練習してるの? 

 などなど、大学生っぽい視点をまじえてダーツを語っていきます。配信を見てくださる皆さんにとっても、実りある話になるようがんばります!

配信についてのお知らせ

日にち:2020年11月23日(月・祝)
配信時間:10時〜17時(予定)
ダーツ企画公式ウェブサイト:https://www.komabasai.net/71/visitor/kikaku/492
東大「駒場祭」公式ウェブサイト:https://www.komabasai.net/71/visitor/

東大Burstと早大Artemis、そしてダーツライブさんのコラボでお送りするオンライン駒場祭企画。
たくさんの方が観てくださることを祈っております!

この記事を書いた人

東京大学ダーツサークルBurst

東京大学ダーツサークルBurst

主に渋谷で活動している東京大学のダーツサークル「東大Burst」です。