【ダーツボード111台配布企画】東田臣プロ活動レポート③『ダーツ体験教室 @株式会社イヴレス』

 スポーツダーツプロジェクトでは、ダーツを使った社会貢献や、地域活性化の活動をこれからはじめたい! という方へダーツライブゼロボードを配布し支援する企画を実施しています。詳細はコチラ

 この企画でダーツライブゼロボードをSOFT DARTS PROFESSIONAL TOUR JAPANの東田臣プロに進呈させていただきました。東田プロが講師を務めるボランティア団体「スマイルダーツ」の活動を3回にわたってご紹介します。

 最後となる3回目は、企業の新人歓迎会でのレクリエーションとして招待されたときの活動です。


 2021年10月上旬、大阪市中央区の株式会社イヴレス様にてレクリエーションの一環として体験教室をおこないました。

 株式会社イヴレス様は、大阪の本社をはじめ、札幌、東京、名古屋の4拠点で情報セキュリティやネットワーク構築のコンサルティング、OA機器販売をメインに事業展開。また、建築や内装、WEB製作などもおこない、企業様を多方面からサポートされています。

 講師はJAPAN 東田 臣プロ、JAPAN LADIES 西川 綾プロでおこないました。

 今回は新人歓迎会の場における、交流や息抜きのためのレクリエーション活動の1つとしてご依頼いただきました。ダーツという手軽なスポーツに触れ、楽しくコミュニケーションを取りながらダーツに興味を持っていただくことを目的にしました。

 参加人数は30人程。

 感染対策として講師は不織布マスクの着用とアルコール消毒スプレーとアルコール除菌シートを使用しました。

 会場は高級感のあるおしゃれで広い応接間で、緊張がグッと増しました。
 しかし、ダーツが、ボードと矢があれば、場所を選ばず楽しめる物だと再認識しました。

 簡単な体操をし、投げ方と注意事項を説明してからスタート。

 最初は遠慮がちだった参加者もいらっしゃいましたが、東田プロや西川プロが声を掛けたり、スローラインを標準の距離と近い距離を用意したりして、経験者はもちろん、初めての方にも楽しんで投げていただけました。

 西川プロが教えながら投げたダーツがブルに入ったときは、とても盛り上がりました。

 後半は、4チームに分かれて簡単なゲームをトーナメント方式でおこないました。
 老若男女関係なく熱くなり、大きな声は出せませんでしたが、応援や掛け声に一層熱が入るのが伝わってきました。東田プロも西川プロも声を掛けながら熱くなり、本当に楽しい雰囲気でした。

 楽しそうな表情や、悔しそうな表情を見ながらダーツの楽しさを実感でき、ご依頼いただいたことに感謝しました。

 本当に楽しい時間になりました。

 また、東田プロ、西川プロのスポンサーであるHarrows様よりご提供いただいたダーツセットとケースも喜んでいただきました。これを機に今後もダーツに少しでも触れてもらえたらと思います。

 撤収作業中に参加者から「楽しかったです」「またやりたい」などの声を掛けていただきました。また、ダーツのプロ活動や練習についての質問もあり、実際にこのような場でダーツに触れていただくことでダーツがスポーツとして捉えられることもあるなと感じました。

 私たちにとっても充実した時間になりました。

 今後も私たちのできる範囲で活動していきたいと思います。


「ダーツライブゼロボード111台配布企画」について

ダーツを使った社会貢献や、地域活性化の活動をこれからはじめたい!という方の支援企画も実施しています。詳細はコチラ。「ダーツライブゼロボード」111台配布企画へのご応募も、随時お待ちしております!

この記事を書いた人

JY湘南

JY湘南

このサイトでライターデビューを飾ります。
湘南生まれ、湘南育ち、趣味はスキー・スノーボードです。