2月に開校し半年経過したダーツスクールの今

 業界初の本格ダーツスクール「S.C. Darts School」。今年2月に開校してから半年経過し、その後の状況が気になっている方も多いと思います。そこで今回は、現場の藤間コーチより活動レポートが届きましたので紹介させていただきます。


 皆さん、こんにちは。S.C.Darts School大森校のコーチをしております、藤間健太です。

 早いもので、2月に開校してから半年が経過しました。4月にはスクール生にご協力頂いて、生の声をお伝えしましたが、数カ月経った今の状況をお伝えしたいと思います。

 新型コロナウイルスの影響は続いておりますが、おかげさまで、毎月15名以上の方にご入会頂いており、今では平日は30回のレッスン、土日は40~60回のレッスンと、なんと月に1,000回以上のレッスンを実施しております。

 年齢も、上は60才以上の方から、下はお子様まで入会。最近はダーツ歴がほとんど無い方や、暫くダーツをしていなかった方などが多く入会してくださっています。

【ダーツで悩む人を無くしたい!】
【一人でも多くの人にダーツを始めてもらいたい!】
【一人でも多くの方にダーツを続けて貰いたい!】
【一人でも多くの方にレッスンを通じてダーツの楽しさを知ってもらいたい!】

 開校時に掲げていたこのような思いが、少しずつですが実行に移せて来ている様に感じています。

 またS.C.Darts Schoolでは、一人でも多くダーツをする方を増やす為、スタッフ一同、日々近隣にチラシを配布したり、ダーツ関係の店舗様にチラシ設置のお願いに伺ったり、ご協力店舗様にてダーツレッスンを無償で行わせて頂いたりしております(チラシ設置協賛店舗様、ご協力誠に有難う御座います)。

 もし新規でチラシを置いていただける店舗様がいらっしゃいましたら、S.C.Darts Schoolまで、ご連絡いただけると幸いです。

会員様の傾向は?

 さて、今現在スクールにはどのような会員様がいらっしゃるのか、外からでは分からないと思いますので、一例を載せさせて頂きます。

・レベルは、全く初めての方からダーツライブRt.17の方まで幅広く在籍
・50~60代の方は多数
・女性は現在20名程度
・片道1時間程度の遠方からいらっしゃる方も多数
・生徒同士仲良くなってダーツバーデビュー

 幅広い年代の方がいらっしゃるので、会員同士のコミュニティーはかなり広がってきています。スクールであれば、同じ様な境遇の方も多くいると思います。お一人で悩んでいる方や、今の状態を改善出来ない方などいらっしゃいましたらスクールで受講してみては如何でしょうか。

 今後の課題としては、子どもが少ないので、今後もっと増やしていきたいですね。スクールからプロの選手や世界で活躍する選手を輩出出来る様に、コーチ陣一同頑張って参ります。

コーチ陣の勉強会の様子

キャンペーンのお知らせ

 S.C.Darts Schoolでは、8月・9月の2か月間、通常会員月謝初月無料キャンペーンを行います。一度も体験レッスンに来られたことが無い方は無料体験レッスンを受講の上、ご入会も是非ご検討下さい。詳しくはホームページのキャンペーン情報をご覧ください。

 また平日のプライベートレッスン、夏の割引キャンペーンも好評受付中ですので、ご応募お待ちしております。

「S.C.Darts School」公式ホームページ

この記事を書いた人

長嶋監督

長嶋監督

このプロジェクトが本格始動するにあたり、ダイエットをして長かった髪を坊主にした結果、仏の道に進んだのかと勘違いされることが増えました。