しながわ夢さん橋2021に「はじめてのダーツチャレンジ」を出展!

 多くの方々に生涯スポーツとしてのダーツを体験してもらい、ダーツの楽しさを知ってもらうことが目的で実施している「はじめてのダーツチャレンジ」。

 今回は10月9、10日に大崎駅周辺でおこなわれた「しながわ夢さん橋2021」イベントにて「はじめてのダーツチャレンジ」を開催しました。

 「しながわ夢さん橋」は毎年、大崎駅周辺でおこなわれるイベントであり、今年で34回目を迎えます。今回はセガサミーグループの本社ビルが品川区大崎にあるということもあり、セガサミーグループから品川区の皆様に向け「はじめてのダーツチャレンジ」と「ぷよぷよeスポーツ体験会」を出展しました。

セガサミーブースは大崎駅を降りてすぐの場所に設置となりました。
セガサミーブースは大崎駅を降りてすぐの場所に設置されました。

 今回のはじめてのダーツチャレンジはダーツの矢を3本投げて、1本でも的の真ん中(ブル)に入れたら特別なステッカーがもらえるというルールでおこないました 。

 大崎駅の改札を降りてすぐのところにブースがあったため、子どもから大人まで、多くの方にダーツを体験していただきました。

(子どもも大人も一緒にチャレンジしています。)
子どもも大人も一緒にチャレンジしています。

 セガサミーブースには大崎のゆるキャラである大崎一番太郎とノン子も遊びに来てくれました。

ぷよぷよを楽しむ大崎一番太郎とノン子
ぷよぷよを楽しむ大崎一番太郎とノン子
もちろん大崎一番太郎もスポーツダーツにチャレンジ
もちろん大崎一番太郎もスポーツダーツにチャレンジ
ノン子もチャレンジ
ノン子もチャレンジ

 大崎一番太郎とノン子だけでなく、大崎夢さん橋イベントに参加していた舞妓さんもスポーツダーツにチャレンジしてくれました。

舞妓さん

 2日目にはダーツプレーヤーである西谷譲二プロと森田真結子プロも参加し、スポーツダーツの楽しさを参加者の皆様に伝えていただきました。

スポーツダーツを教える西谷プロ
スポーツダーツを教える西谷プロ
スポーツダーツを教える森田プロ
スポーツダーツを教える森田プロ

 また、両プロには隣の「ぷよぷよeスポーツ体験会」でぷよぷよの対決もおこなっていただきました。お二人ともぷよぷよで遊んだことがあったようでかなりの腕前でした!

ぷよぷよで楽しむ両プロ
ぷよぷよで楽しむ両プロ

 2日間にわたって、スタッフが伺っただけでも下は1歳から上は94歳まで、多くの方にスポーツダーツを体験していただきました。ご参加いただいた皆様ありがとうございました!

体験頂いた皆さん、ありがとうございました!
体験いただいた皆様、ありがとうございました!

 スポーツダーツはどのような方々も一緒に同じルールで楽しんでできることも魅力の1つです。
 みんなが夢中になれるスポーツとして、これからもさまざまなイベントに出展しますので、ぜひ体験しに来てください!

この記事を書いた人

アバター

記事制作チーム

スポーツダーツプロジェクトWebサイト管理担当の特命部隊です。